指導方針 実用書道 トップページへ 地図
生徒作品 授業日時 自作書道 書道の行事 美保の部屋 掲示板
授業風景 父母の声 プロフィール 行事予定 お問い合わせ リンク


指導目標 高知新聞による紹介記事

◇生徒の個性を伸ばし、基本の筆使いをしっかり丁寧に指導させて頂きます。 

◇初心者・中級者それぞれのペースでレベルに合わせて指導させて頂きます。

◇楽しく基本を学びながら、いつの間にか美しい字形が身につきます。

「書
道」というと、もう名前を聞いただけで、「私にはダメだ。向いていない」と片付けてしまってる人はいませんか?                                         
 初心者には初心者の良さがあります。その人でなければならない魅力があり、それぞれの、その時でしか書けない味をにじませることができるのです。
 世間ではワープロやパソコンメールが広がってきていますが、「心のこもった手書きの字だからこそ伝わること」 も沢山あります。字を書いて伝えると、その人の思いがより深く熱く相手に伝わるとおもいませんか?                                        
 書道をともに学ぶ中で、塾生の一人一人の皆さんの魅力を見つけ出し、人間的に向上していくことのお手伝いをすることが、私の使命でもあり、私自身が思い描いている未来予想図なのです。
拡大する
女性新聞による紹介記事
保書道教室では、毎月の課題にプラスして、積極的に様々な「書道展」 にも出品します。                                                 毎月の教書雑誌では、自分の成長を「段」や「級」にしてみることができ、「次はもう一級上がりたい。頑張って練習しよう」というやる気にもなります。               また、積極的に書道展に出品すりことによって、教書雑誌とは違い何ヶ月も同じ文字を何度も練習して、一つのことに取り組む精神も養えます。誰しもなにか目標があればそれに向かって進んでいけると思います。
 私は、中高等学校の「書道の免許」も取得していますが、「国語の教員免許」も取得しています。これから小学校に上がられる子供さんたちには、字を丁寧に正しく書けるように楽しく指導していき、意味やいわれなども教えていき漢字や国語に興味を持つように導きます。
ンツーマンで指導が受けられ、気軽に疑問点も聞くことが出来て、上達が早まります。 いわば一石二鳥ですね。
*綺麗な字を書けるようになりたい
*趣味の一つにしたい
*もう一度筆を持ちたくなった 
そういう方々にも書道の楽しさ魅力をお伝えしていけたらと思います。
拡大する



保書道教室では、他の書道教室ではあまり見かけない事にもチャレンジします。
「生活、暮らしの中の書道」
です。これは、「日常生活で使うものに字を描き、普段の暮らし溶け込ませ、心に潤いをあたえる書」という意味です。                                   例えば、お皿に墨で字を書いたり、ガラスコップに字や文を掘り込んだりしております。他にも、様々な物を使って、書道をより楽しく学べるように心がけ、創作力も養っていきます。
 子供の頃よくした、縄跳び、あやとりなどの遊びは、夢中になると時間も忘れてずっと遊んでいましたよね。何度も何度も練習して、自然に上手になっていきます。これと同じです。日ごろ練習して上手になった字を、楽しく夢中で作品づくり生かしていくことは、書道の楽しさを自分に感じてつかむことができ、上達にもつながります。 
 また実際に使ったり、飾ったりできる作品を、自分の字を入れて作ることを通じて、「書道の魅力を存分に味わう」ことが出来るのです。「書の思い出作り」その楽しさを伝えていくことも私の役目だと思っています。




指導方針実用書道生徒作品自作書道授業日時行事予定父母の声書道の行事プロフィール地図掲示板美保の部屋