お手本

一般の部… 春暁 孟浩然 春眠不覚暁処処聞啼鳥夜来風雨声 花落知多少
読み下し文… 春暁(しゅんぎょう) 孟浩然(もうこねん) 春眠(しゅんみん) 暁(あかつき) を覚(おぼ)えず
処処(しょしょ) 啼鳥(ていちょう) を聞(き) く夜来(やらい) 風雨(ふうう) の声(こえ)
花(はな) 落(お) つること知(し) んぬ多少(たしょう)ぞ
意味… 春のねむりは心地よく、夜の明けるのもわからぬまま寝過ごしてしまった。ふと気がつくと、あちこちらで鳥のさえずりが聞こえる。さては夜も明けたらしい。それにつけても、昨夜は風雨が激しかった。春の嵐に、庭の花々はどれほど散ったことだろう。



Back